らっきょうで痩せ菌は増える?増えない?どっちなの?

らっきょうで痩せ菌は増える?増えない?どっちなの?

らっきょうで痩せ菌は増える?増えない?どっちなの?

らっきょうで痩せ菌が増えるって本当?

それとも増えない?

デブ菌はどうなる?

らっきょうに含まれる豊富な栄養素や痩せ菌が増える食べ方、らっきょうの旨味を生かしたレシピも紹介します!

らっきょうは食物繊維が豊富ってホント?

らっきょうは食物繊維が豊富ってホント?

らっきょうは水溶性食物繊維がとっても豊富なんです!!

その中でもフルクタンという成分が豊富です。

そんなフルクタン、実はこんなうれしい効果があるのです!

  • 血糖値の急な上昇を抑える
  • 整腸作用がある
  • 血中のコレステロールを下げる

このようにらっきょうにふくまれるフルクタンは、生活習慣病にはもちろん、血糖値の上昇が緩やかになり、脂肪の吸収も抑えられるからダイエットにもおすすめ!

また腸内環境を整え便秘解消にも効果的なんです。

らっきょうで痩せ菌は増える?増えない?

らっきょうで痩せ菌は増える?増えない?

らっきょうに水溶性食物繊維が豊富に含まれているということは、そう、痩せ菌のエサになるのです!

水溶性食物繊維が痩せ菌を増やし、デブ菌抑制に効果があるのでらっきょうはおすすめなんです!

ですが、らっきょうといえばカレー等に添える甘酢漬けが多いですよね。

甘酢漬けにするとらっきょうの食物繊維が乳酸菌によって分解され、生らっきょうと比べると食物繊維の量が1/6になってしまうんです。

せっかく同じ量を食べるなら、食物繊維をたっぷりな状態で食べて痩せ菌を増やしデブ菌を抑制したい!

その為にはなるべくなら生らっきょうか根らっきょう(エシャレット)、または塩漬けや醤油漬けのものを選ぶと良いですよ!

ですが塩漬けや醤油漬けのらっきょうは塩分が心配。

塩分の取り過ぎは生活習慣病を招くので、適量を食べる等注意してください。

生らっきょうってどうやって料理したらいいの?

生らっきょうってどうやって料理したらいいの?

  • 生らっきょうを手にしたことがない!
  • どうやって料理するの?
  • 下ごしらえがわからない!

そんな方、多いですよね。

もちろん生でも食べられて、しかも刻むと旨味成分が出て美味しい生らっきょう。

でも加熱するとフルクタンが甘みの元となり、より甘く食べやすくなるんです!!

らっきょうの野菜炒め

らっきょうの野菜炒め

加熱すると甘みが増す生らっきょう。

お好みの野菜で炒めても美味しいです!

シンプルな味付けでも美味しいですが、中華味にしても美味しいですし、炒り卵も加えてまろやかに仕上げても良いですね!

中身ホクホクのらっきょうの唐揚げ!

中身ホクホクのらっきょうの唐揚げ!

ほくほくご馳走になるらっきょうの唐揚げもおすすめ!

素材の味を生かしているのと、生とは食感が違い、らっきょうが苦手な人も食べられるメニューです!

こっちもホクホクらっきょうの天ぷら!

こっちもホクホクらっきょうの天ぷら!

天ぷらにすると豪華な1品に。

ビールのおつまみに最適です。

お塩でシンプルにいただいて素材の美味しさを味わうのもいいですね!

デブ菌が心配な揚げ物ですが、中身は血糖値の急な上昇を抑え、脂肪の蓄積を予防するらっきょう。

どうせ食べるならヘルシーな食材で罪悪感のないおつまみが良いですよね!

手軽に調理!らっきょうの醤油和え!

手軽に調理!らっきょうの醤油和え!

やっぱり揚げ物は避けたいわ…。

シンプルに生らっきょうを味わいたい人におすすめメニューはこちら。

生だと辛味成分があるので加熱したほうが食べやすいらっきょう。

さっと湯がいてから味付けをすることで甘み成分が増加します。

また甘酢漬けだと食物繊維が乳酸菌によって分解されてしまうので、醤油漬けでしっかり食物繊維を摂れるのも嬉しいですよね!

食物繊維が豊富で痩せ菌を増やしデブ菌を抑制するらっきょう。

生らっきょうから料理することで食物繊維もそのままに、加熱するとフルクタンの力で旨味成分もUPするご馳走食材に変化するので、ダイエット食材としてぜひ試してみてくださいね!!

関連記事一覧