乳酸菌は痩せ菌ですか?乳酸菌で痩せ菌は増えますか?

乳酸菌は痩せ菌ですか?乳酸菌で痩せ菌は増えますか?

乳酸菌が身体の良いというのは知っているけど、

  • 乳酸菌って痩せ菌なの
  • それともデブ菌なの
  • 乳酸菌で痩せ菌は増えるの
  • まさかデブ菌が増えるの

乳酸菌と痩せ菌デブ菌ってどんな関係があるのでしょうか?

乳酸菌は痩せ菌ですか?

乳酸菌は痩せ菌ですか?

乳酸菌は身体に良いですが、痩せ菌ではないんです。

かといってデブ菌でもありません。

乳酸菌は身体に良い効果をもたらす善玉菌なんです。

乳酸菌は整腸作用があり、ダイエットになくてはならない存在です。

腸内の要らないものは身体の外に排出しないと身体の中に溜まる一方。

乳酸菌の摂取で、腸内フローラが正常の状態に戻り、排便力がアップします。

乳酸菌を始め、善玉菌が増えて腸内フローラが正常な状態に戻ると、デブ菌が悪玉菌に加勢せず、腸内にいる痩せ菌も増え、痩せ体質になるんですよ!

つまり、乳酸菌を食べるとデブ菌ではなく、痩せ菌が増える!というわけです。

乳酸菌で痩せ菌は増えますか?どうしたらいいですか?

乳酸菌で痩せ菌は増えますか?どうしたらいいですか?

ずばり、乳酸菌で痩せ菌を増やせます!

主な方法は2つ。

  • 乳酸菌のエサとなる食べ物を食べる方法
  • 乳酸菌を直接摂取できる食材を食べる方法

この2つの方法のどちらか。

もしくは両方で体内の乳酸菌を増やせます!

では乳酸菌のエサとなる食べ物はどんなものがあるのでしょうか?

それはオリゴ糖と水溶性食物繊維なんです。

① オリゴ糖と多く含む食品
  • 玉ねぎ
  • キャベツ
  • ごぼう
  • アスパラガス
  • じゃがいも
  • 大豆
② 水溶性食物繊維を多く含む食品
  • ごぼう
  • ニンジン
  • 納豆
  • 切干大根
  • さつまいも

等、身近な食品が乳酸菌のエサになるんですね!

乳酸菌を多く含む食べ物は?

乳酸菌を多く含む食べ物は?

乳酸菌のエサとなる食べ物は分かったけど、じゃあ乳酸菌を直接摂取するにはどんな食べ物がおすすめでしょうか?

最初に思いつくのは乳製品

ヨーグルトやチーズは代表格です。

また、発酵食品にも乳酸菌が多く含まれています。

味噌、キムチ、ぬか漬け等ですね。

意外と日本人に親しまれてきたものや、身近な発酵食品で摂取できるのは探しやすくて嬉しいですね!

乳酸菌のアルコール耐性は?お酒との飲み合わせは大丈夫?

乳酸菌のアルコール耐性は?お酒との飲み合わせは大丈夫?

アルコールは消毒、殺菌にも使用されるから、乳酸菌もお酒を飲んでしまったら死滅してしまうんじゃない?

しかもお酒って太りやすいし、デブ菌も増えそう…。

という考え、確かによぎりますよね。

実はアルコールで効果が弱まるとはいえません

しかし、アルコールを摂取しようがしまいが、残念ながら胃液によって乳酸菌は死滅してしまいます。

アルコールも胃酸によって殺菌作用を失うのですが、乳酸菌は胃液で死滅してもきちんと効果を発揮してくれるんです。

どんな効果って?

それは死滅した乳酸菌の死骸が腸の善玉菌のエサになるんです!

善玉菌のエサが増えると、善玉菌の働きも活発になります!

ということは悪玉菌の数も減るってわけですね!

乳酸菌とお茶の飲み合わせは?

乳酸菌とお茶の飲み合わせは?

お茶と言えば「カテキン」が思い浮かびますよね。

カテキンって殺菌作用があるというからインフルエンザ予防にも効果があるし、苦味成分が体脂肪の燃焼に効果があるけれど…乳酸菌は大丈夫なのでしょうか?

その前に、カテキンって、実は腸の中でも大活躍してくれるんです!

なぜなら、カテキンは腸のPHバランスを整えて悪玉菌を減らしてくれます。

悪玉菌が優勢にならず、デブ菌も加勢しないんです!

善玉菌が住みやすい環境になり、腸内環境の正常化に効果ありです!

でもそれだけ強いカテキンに乳酸菌を組み合わせてもいいのか?

気になりますよね?

実は、乳酸菌とカテキンって共存できるんです!

それだけじゃなく相乗効果が期待できるんですよ!

というのもカテキンはそのままでは体内に吸収するのが難しいんです。

でも乳酸菌が体内への吸収をサポートしてくれるから、カテキンの力が発揮できるんです!!

乳酸菌はまず胃酸で死滅してしまうので(死骸でも善玉菌の栄養になるのですが)、カテキンと合わせて摂取すると、より良い働きをしてくれます

乳酸菌は熱に強い?弱い?加熱調理はOK?

乳酸菌は熱に強い?弱い?加熱調理はOK?

温かい食べ物って美味しいですよね。

ヨーグルトやチーズも過熱調理した方が美味しくなったりします。

でも乳酸菌は熱に弱いんです…。

乳酸菌は40℃を超えると死滅してしまうんです。

丁度お風呂の湯船の温度くらいですね。

出来れば加熱調理は避けたいところですが、それでもやっぱり胃酸で死滅してしまうと考えた方が良いでしょう。

乳酸菌のデメリットは?取りすぎるとどうなる?

乳酸菌のデメリットは?取りすぎるとどうなる?

乳酸菌は身体に優しい成分だけど、デメリットってあるの?

取り過ぎたらまさかデブ菌を増やせいてしまうとか、身体に良くないことがるのでしょうか?

心配ありません、乳酸菌に目立った副作用はないですし、デブ菌も増えません

例えばヨーグルトを1回摂取したからといって、そこから取れる乳酸菌は元々腸に存在する菌とは比べ物にならないくらい少ないのです。

でも1日に過剰な摂取は胃や腸に負担をかけて腹痛を起こします

また、甘味系ヨーグルトは糖質を多く含んでいるので、適度な量を摂取が望まれます。

腸内環境をすぐに変えるのはとっても難しいんです。

だから取りすぎるよりも、続けることが大切なんですね。

また、自分にあった乳酸菌の摂取がとても大切。

1ヶ月ほど続けてみてまだ便秘が治らない、お腹の調子が良くならないという方は、違う乳酸菌をためしてみるなど、工夫も大切なんです。

乳酸菌の1日の必要量は?

乳酸菌の1日の必要量は?

乳酸菌の1日の必要量って一体どれくらいなんでしょう。

そもそも腸の中にはすごい数の腸内細菌がいるので、腸内環境を整えるにはかなりの数が必要な気がしますが…。

目安としては、1日5000億~1兆個程の乳酸菌の摂取が必要です。

そんなおびただしい数…、食品で得るのは大変ですが、サプリメントや1日1本で必要量が補える乳酸菌飲料等は手軽にとれて良いですね。

関連記事一覧