痩せ菌?デブ菌?ファーミキューテスとは?減らす?増やす?どっちがいいの?

痩せ菌?デブ菌?ファーミキューテスとは?減らす?増やす?どっちがいいの?

痩せ菌?デブ菌?ファーミキューテスとは?減らす?増やす?どっちがいいの?

ファーミキューテスって知ってますか?

腸内細菌の中の日和見菌(善玉菌、悪玉菌の両方に味方する菌)なんですけど、その中でも痩せ菌、デブ菌があるんです。

痩せ菌が多いほど痩せ体質になるし、デブ菌が多いほど肥満体質に…。

腸内フローラを整えるとダイエットに良いって聞くけど、本当なんですね!

腸内細菌だけでそんなに影響があるなんて驚きです!

じゃあファーミキューテスって痩せ菌デブ菌のどっちに位置づけられるのでしょうか?

痩せ菌なの?デブ菌なの?ファーミキューテスとは一体どんな菌?

痩せ菌なの?デブ菌なの?ファーミキューテスとは一体どんな菌?

実はファーミキューテスはデブ菌に位置づけられているんです…。

でも、ファーミキューテスはたくさんの種類に分かれていて、腸内細菌や皮膚常在菌、病原菌、ヨーグルト等の発酵食品にも含まれています。

ファーミキューテスってそんなに悪いものじゃないイメージですよね。

ダイエットの為には減らした方が良いのでしょうか?

痩せたいならファーミキューテスを減らした方が良いの?

痩せたいならファーミキューテスを減らした方が良いの?

たくさんの種類にわかれているファーミキューテスですが、肥満体質の方はデブ菌が多いので、減らす方が良いんです。

ファーミキューテスが多いと太るのはどうして?

ファーミキューテスが多いと太るのはどうして?

ダイエットするならファーミキューテスを減らした方が良い!

といわれているのはファーミキューテスがデブ菌に分類されるから。

では何故そんな悲しい名前を付けられているのでしょう。

それは、ファーミキューテスが多いと、血中の短鎖脂肪酸が少なくなり、食べ物のエネルギーの吸収率が高くなるからなんです!!

つまり余分な栄養素まで全部吸収してしまうと脂肪を蓄えやすくなり、体重が増える原因になるということ!

実際、痩せ体質や標準体型の方の腸内細菌と、肥満体型の方の腸内細菌を調べてみると、痩せ体質や標準体型の方より、肥満体体型の方の方がファーミキューテスが多いという結果が出ています。

食に飢えていた時代には、少しの食べ物でもエネルギー吸収率が高いファーミキューテスが多いことは良い効果があったのです。

でも飽食の今の時代、ファーミキューテス生活習慣病や肥満の原因となりかねません。

だからなるべくファーミキューテスを減らしていく食生活をしようという働きがあるんですね。

痩せ菌に分類されるファーミキューテスがあるってホント?

痩せ菌に分類されるファーミキューテスがあるってホント?

身近な菌あるファーミキューテスってそんなに悪者なの?

実はファーミキューテスって1つの菌の名前じゃないんです。

日和見菌を様々なグループに分けた内の1つのグループといえばわかりやすいでしょう。

多くの日和見菌が様々な性質を持って腸内に存在しているんですね。

だからファーミキューテスに分類される全ての腸内細菌がデブ菌ってわけじゃないんです。

なのでファーミキューテスの全てを腸内からなくしてしまうのは決して良くないんです。

体内の腸内フローラが理想の比率(善玉菌2:日和見菌7:悪玉菌1)になっていることがとっても大切。

ファーミキューテスの中でもデブ菌が多すぎると、肥満に繋がります。

細菌は相互作用しながら人間の身体の中で暮らしているので、どれかを無くしてしまうというのは逆効果になりかねないのですね。

関連記事一覧