痩せ菌はきゅうりで増えるの?きゅうりで痩せる理由は?

痩せ菌はきゅうりで増えるの?きゅうりで痩せる理由は?

痩せ菌はきゅうりで増えるの?きゅうりで痩せる理由は?

    • きゅうりって痩せ菌を増やしてデブ菌を減らすの?
    • どうしてきゅうりで痩せられるの?

生で美味しいきゅうり、色々なアレンジが出来て困ったときの強い味方!

そんなきゅうりのダイエット作用って一体?

痩せ菌はきゅうりで増えるの?

痩せ菌はきゅうりで増えるの?

  • きゅうりで痩せ菌は増やせるのでしょうか?
  • またデブ菌は減らせるのでしょうか?

きゅうりはビタミン、ミネラル、食物繊維がバランスよく含まれています。

食物繊維は善玉菌のエサになりますし、水溶性なので痩せ菌のエサにもなります。

善玉菌が増えると痩せ菌も増え、腸内環境を整えるので、悪玉菌やデブ菌を減らせるのでおすすめです。

きゅうりで痩せる理由は?

きゅうりで痩せる理由は?

きゅうりは善玉菌や痩せ菌を増やすだけじゃなく、ダイエットにとても効果的と注目されています。

何故なら、きゅうりには「ホスパリーゼ」という酵素が含まれているからなんです。

ホスパリーゼには、

  • 代謝を高める
  • 食事の脂肪を分解して、体外に排出してくれる。

という効果があるのです。

ホスパリーゼを含む食材は他にもあるのですが、きゅうりのホスパリーゼは、他の食材よりも脂肪を分解する力が強いんですって!

でもホスパリーゼは加熱するとその効果が失われてしまうので、生で食べるのがおすすめ!

きゅうりの効果は?きゅうりにはどんな作用があるの?

きゅうりの効果は?きゅうりにはどんな作用があるの?

きゅうりの食物繊維が痩せ菌を増やし、ホスパリーゼが代謝を高めたり脂肪を分解するのに有効なのは分かったけど、他にはどんな作用が期待出来るのでしょうか。

きゅうりは夏野菜なので、水分が豊富です。

夏には体を冷やす夏野菜が効果的なので、火照った体におすすめなんです。

実際にあった話なのですが、上海万博の会場で熱中症で具合が悪くなった知人が、現地の人に「熱に強くなるから」と生のきゅうりを貰ったそうです。

その知人は台湾人で上海でも言葉に不自由はしていませんでした。

中国の人って荷物の中に食べ物を入れてることがあるんだそうです。

そういった文化に馴染みのない人は仲良くなった中国人から、道端でお饅頭なんかを貰って困惑することもあるのだとか。

知人は「え!きゅうりで体調が良くなるの? しかも持ち歩いていたものだから生暖かいし」と思ったらしいんですが、現地の人の厚意で貰ったものですし、ダメで元々と思って食べることにしました。

具合が悪くて頭フラフラする中、きゅうりを食べると不思議なことにすぐに体調が良くなったんだとか。

民間療法ですが、生活の知恵というのはどこかで根付いているものなんですね。

また、きゅうりはカリウムが豊富。

カリウムは余分なナトリウムを排出する働きがあって、高血圧の方におすすめ!

利尿作用もあるので、体のむくみが気になる人も積極的にとると解消できますよ。

きゅうりを使った定番のダイエットレシピ5選!

きゅうりを使った定番のダイエットレシピ5選!

きゅうりってサラダの定番だけど、ダイエットレシピとしては、栄養価をUPさせる食べ方や、相乗効果が期待できる組み合わせで食べることがおすすめ!

というわけで、ダイエットにおすすめのきゅうりレシピをご紹介します!

きゅうりとわかめ、海藻麺の酢の物

  1. きゅうりは薄切りにして塩揉みしたあと、水洗いして絞る。
  2. 乾燥わかめ、海藻麺は水に戻して水切りしておく。
  3. ボウルに、
    酢(大さじ2)
    砂糖(大さじ2)
    醤油(小さじ1)
    を混ぜ合わせる。
  4. ①と②を③に入れ、絡ませる。
  5. ごまを振って完成。

きゅうりのホスパリーゼは加熱には弱いですが、味付けでは栄養素に変わりありません。

乾燥わかめ、海藻麺は水溶性食物繊維が豊富で、痩せ菌をさらに増やしデブ菌を減らしてくれるのでおすすめなんです!

また、お酢にもクエン酸やアミノ酸が豊富で、デブ菌や悪玉菌を抑える働きがあるからお腹に良いですよ!

砂糖はデブ菌のエサになるから…と気になるという方は、腸内環境を整えるオリゴ糖が含まれているてんさい糖を使用するとさらに効果UPです。

きゅうりとタコの酢味噌和え

  1. 刺身用だこを1口大に切り、きゅうりは薄くスライスし、塩もみしておく。
  2. からし(大さじ1)
    味噌(大さじ1)
    酢(大さじ2)
    砂糖(大さじ1~2)
    をよくまぜあわせておく。
  3. 塩もみしたきゅうりを水洗いして絞った後、②にまぜ合わせ、タコを加え、ざっくりまぜあわせる。
  4. ごまを振って完成。

きゅうりとタコの歯ごたえが楽しいおつまみに。

また、発酵食品である味噌には植物性乳酸菌が含まれているので、生きたまま腸に届くので整腸作用があってダイエットにもおすすめ!

酢もデブ菌や悪玉菌の増殖を防ぐから善玉菌の住みやすい腸内環境にしてくれるんです!!

きゅうりとササミのサラダ

  1. きゅうり1本を細切りにする。
  2. ササミ3本程に酒をふりかけ、レンジで火が通るまで温める。
  3. 醤油(大さじ2)
    酢(大さじ2)
    砂糖(大さじ1)
    ショウガ(小さじ1)
    ごま油(小さじ1)
    を合わせた調味料を、きゅうりとササミを盛り合わせた上からかける。

ササミで良質なタンパク質をとりながら、きゅうりのホスパリーゼで脂肪を分解します!

がっつり食べたという満足感が欲しいときにおすすめです。

きゅうりとオクラ、長芋の梅和え

  1. きゅうり、オクラは薄いスライスにし、きゅうりは塩揉みしておく。
    長芋は短冊切りにする。
  2. めんつゆ(大さじ2)
    砂糖(大さじ1)
    潰した梅干(1~2)
    を混ぜ合わせる。
  3. きゅうりを水洗いし、水気を絞り、オクラ、長芋と一緒に皿に盛り付け、②をかけて完成。

きゅうりに加え、水溶性食物繊維が豊富なオクラや長芋の摂取で、痩せ菌がさらに増えます。

さらに梅干はデブ菌や悪玉菌の増殖を抑える効果があるので、一緒に食べることで腸に良い影響があります。

きゅうりともやしのナムル

  1. きゅうり1本を細切りに、もやしは1袋を耐熱皿に移し、レンジで加熱する。
  2. 鶏がら(大さじ1)
    醤油(小さじ1)
    砂糖(小さじ1)
    ごま油(小さじ1)
    ショウガ少々を混ぜ合わせる。
  3. 粗熱をとったもやしときゅうりを②に投入し、混ぜ合わせる。
  4. ごまを振りかけて完成。

もやしはカロリーを抑えられるとともに、食物繊維やビタミンもしっかり取れる嬉しい食材。

しかも安い!!

1袋でかさもしっかりあるので、ダイエット中だけどお腹も満足できる1品を安く作りたい時におすすめのレシピです。

痩せ菌を増やし、痩せ酵素も取れるきゅうり。

デブ菌撃退に効果的な食材をプラスして、腸が喜ぶアレンジレシピで美味しく食べてくださいね!

関連記事一覧